大源太山 (標高1598)上越のマッターホルン

 

登山口9時21分出発し頂上13時8分、休憩40分、登山口到着15時46分

登山時間6時間

登山口からまず大源太川を渡る。その先右に謙信ゆかりの道の分岐、少し行くとまた渡渉点となり岩に黄色の矢印がある。そこからが登りとなり、頂上が望めるところからやせ尾根があり北沢側は注意が必要。頂上のは低い標高にも関わらず広大な景色が望める。上越のマッターホルンの異名を持つ。

20060608a22

20060608a120060608a2

20060608a3

20060608a420060608a21

謙信ゆかりの道分岐その先はふたたび渡渉となりその先に水場があります。

20060608a20

    20060608a5     20060608a620060608a720060608a8     

20060608a10

馬の背

20060608a11

崩れたところも

20060608a1220060608a13

20060608a14

20060608a1520060608a16

                              山頂

20060608a17

七ツ小屋山への稜線は最初の岩稜の下降から始まるが丸ノ沢側は垂直に切れ落ちている

ため要注意。今回は天候に恵まれていないので戻ります。

20060608a18

20060608a19

地図

daigenta2

                                                      登山口までの送迎付き宿はこちら60cs

admin の紹介

宮﨑祐一。湯沢の底知れぬ魅惑的な自然を体感ください。
カテゴリー: 湯沢周辺の山   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です